巡回サイトヘッドライン

【元少年A手記】日本でも「サムの息子法」制定の声高まる

法
1: DQN ★

 神戸連続児童殺傷事件の犯人である元少年Aが手記『絶歌』(太田出版)を発売したことで、今問題視されているのが、犯罪者が自らの罪を商業的に利用していることだ。

現在の日本の法律では、多額の印税収入を元少年Aが得ることになる。版元は印税について、こう答えている。

「通常の出版物なので今後、著者である彼に印税は支払う。それをどうするかは本人次第で、当社が口を出すことではない。だが、遺族のかたに経済的にも一生責任を負っていきたいと本人が思っていることは確かだ」

世界に目を向けると、犯罪の商業利用を規制する法律がある。米国では1970年代以降、凶悪犯が自らの事件の内幕を出版したり、映画化の権利を売るなどして多額の利益を得るケースが相次いだ。

有名なのが、ニューヨークで若い女性やカップル計6人を射殺、すべての現場に「サムの息子」という署名を残した猟奇的殺人犯・デビッド・バーコウィッツの独占手記を手にするため、多くの出版社が巨額の報酬を持ちかけた騒動である。

そのため、1977年にニューヨーク州は、犯罪者が自らの事件の暴露から得られる利益は、被害者の救済基金に納めなければならないとする「サムの息子法」を制定した。その後、米国内約40州で同様の法律が作られている。

オーストラリアでも「差し押さえ法」と呼ばれる同様の法律が定められおり、英国では冷戦時代にソ連のスパイだった元英秘密情報部員が出版した自叙伝に対する印税支払いを求める裁判が起こり、裁判所は「犯罪行為から犯罪者が収入を得ることはできない」という判決を出したこともある。

元少年Aの手記出版を機に、日本でも「サムの息子法」制定を議論する声も高まりそうだ。

※女性セブン2015年7月2日号

NEWSポストセブン:http://www.news-postseven.com/archives/20150618_330398.html

4: 名無しさん@1周年
本買った奴は犯罪者に金払っていると言う自覚あるんだろうか

382: 名無しさん@1周年
>>4
そうする事で問題が表面化するのを期待しての事かもしれん
少年法を見直すキッカケになるならいい事

437: 名無しさん@1周年
>>382
少年法の範囲から外れてる
人肉佐川の時点で法整備しとくべきだった

5: 名無しさん@1周年
メーガン法も作って欲しい
あれに反対するのはロリ性犯罪者くらいだろう

512: 名無しさん@1周年
性犯罪者の再犯を防ぐためにも>>5のいうメ―ガン(正式にはミーガン)法も欲しいよな。

23: 名無しさん@1周年

まあ犯罪者にも生活があるから全てとは言わん。

だが重罪なら5割、人を殺したら9割は出版、販売の収益を被害者にというくらいはあっていいと思う。

25: 名無しさん@1周年
出版社の取り分も0にしろとは言わないが利益が出たら大部分を被害者救済にあてるべきだね

41: 名無しさん@1周年
被害者遺族に全額渡るということが確定したら、なんの躊躇もなく、
あるいは積極的にこの本を買う人が増えるだろうか?

44: 名無しさん@1周年

俺はシンプルに出版禁止でいいと思うけどね
ブログとかがあるわけだし

太宰の人間失格の構成みたいに、前後を編集者のかたり、本文を異常者の手記、という形で出されたらどうするか

いろんなパターンを想定しないと難しい
いっそのこと出版禁止でいい

言論の自由と出版の自由はイコールではない

55: 名無しさん@1周年

金儲けてもいいからさ

今の居場所と名前を、堂々と公表してくださいよ。

57: 名無しさん@1周年
金が目的で書いたんじゃないと思うけどねえ。
代償行為として、書くことでその記憶を呼び起こしたかったんじゃないのかな。
書かないと自分の生に向き合えないって言ってたしね。

69: 名無しさん@1周年
>>57
じゃあブログに書けよw
わざわざ出版社を通してる時点でカネ目当てってことはお察しなんだよ

291: 名無しさん@1周年
>>69
ブログはブログで悪趣味だわ~

851: 名無しさん@1周年
>>57
チラシの裏にでも書いとけとしか言いようが無い。
なんで社会がサカキバラの自分本位な欲求に応えてやる必要あんのよ?

62: 名無しさん@1周年
著作権と著作隣接権も一切認めないってことにしてほしい。

73: 名無しさん@1周年

印税代金全額+被害をネタにした精神的賠償代は被害者に払うべき

出版社は宣伝になるしサカキバラは謝罪になるし
誰も損はしない

76: 名無しさん@1周年
本を出すのはいいよ、
ただ実名と現在の顔写真は出せ、成人なんだから
遺族をどんなに傷つけても「今の自分」は絶対に守る、
この自己中心的な思考は許されない

93: 名無しさん@1周年
凶悪犯罪者が手記で儲ける事が出来て、被害者は辛い生活が待ってる事が我慢ならん

100: 名無しさん@1周年
>>93
被害者も手記で儲けてたじゃん

129: 名無しさん@1周年
>>100
被害者は自分で望んで被害者になったわけではない
一方加害者は意図して犯罪を犯して、それをネタに更にカネ儲けしようとしてる
この違いもわからないアスペ

101: 名無しさん@1周年
自分の犯罪歴で金儲けしようってクズがいるからね
法律できた方がいいね

102: 名無しさん@1周年

当然の法律だよな。

犯罪武勇伝で儲かるなんておかしいわ。

124: 名無しさん@1周年
>>102
武勇伝じゃなくて、ただのオナニー本。

105: 名無しさん@1周年
肯定的意味でなく
こいつすげーわ
法制度変え続ける影響力ハンパネ

120: 名無しさん@1周年
twitterでながれてたけど、テレビマスゴミが出版をずいぶんと叩いてるようだが
コイツが独占インタビューに出ます、って持ちかけたら断れる局はどれほどいるかね。

130: 名無しさん@1周年
被害者に渡すとか言ったかどうか知らないが
仮にそうだとしても胸糞悪くてそんなもん受け取れないだろ
早く法律で規制しろよ

131: 名無しさん@1周年
とりあえずは遺族がプライバシーの侵害で損害賠償おこせばいいかもな。

137: 名無しさん@1周年
おまいら
予約しまくって増刷したら一斉にキャンセルなんかするなよ
絶対するなよ

167: 名無しさん@1周年
>>137
買い取り制度だったら末端の本屋だけが苦しむからな。

153: 名無しさん@1周年
日本も遠からずその手の法律が出来るんじゃね?
反対する人もそうはいない話だしさ
バカが暴走するとどんどんと余計な決まり事が増えていく

183: 名無しさん@1周年
人生の一発逆転を狙って、死刑にならない程度で
話題性のある犯罪を犯すヤツとか出てくるんじゃないか?
市橋やらも本出したらそこそこ話題になるだろうな

237: 名無しさん@1周年

この速度で2刷目、5万部増刷といってる
10刷くらいまでは余裕で行くだろ

30万部くらいまではダラダラ売れ続けるね

1冊1600円くらいだろ?

最終的に5000万くらいにはなるぞ

269: 名無しさん@1周年
賠償金の支払いは、加害者に金が無いと出来ないよね
本が売れることで結果的に遺族への補償になってるのではなかろうか
そういうのイヤ?

341: 名無しさん@1周年
>>269
賠償は遺族に毎月4千円送ってるけど、普通に仕事してるから「貯蓄残高がどんどん増えて楽しい!」
なんて事を今回の本に書いてる。
こんなクズが印税入ったからって賠償金を増額するとか思えないけどね

367: 名無しさん@1周年
>>341
よ、四千円!もう30代なのに?
0が一つ少ないわ!4万でも少ないと思うけど

388: 名無しさん@1周年
>>341 毎月10万円ずつ預金だっけ。それで遺族へは4千円。
なんでそんな事を書けるんだろうね。
賠償総額は二億円超えてるとかなのに。

429: 名無しさん@1周年
>>388
加害者だって生活費は必要だよ。それが得られなければ生活保護に頼るだけだろうし、国民の
金の流れる経路が違うだけで、結果は同じかと。

271: 名無しさん@1周年
シミケンとか田代も講演なんかして金貰ってるしね。

301: 名無しさん@1周年
>>271
奴らはそれでも名前と顔は晒してるだろ?
それが最低限の礼儀だからだよ

引用元: ・【元少年A手記】日本でも「サムの息子法」制定の声高まる

スポンサーリンク

『【元少年A手記】日本でも「サムの息子法」制定の声高まる』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2015/06/18(木) 18:53:59 ID:f4995c4ed 返信

    出版社に火がつけられても俺はその犯人を咎めない。
    むしろ放火犯の減刑嘆願書にハンコを捺すよ。
    結局、こういう負の連鎖になってしまうんだよ。
    出版したやつらが地獄の劫罰で苦しみますように。