誰も語らない、子どもの「性的虐待」の現実

ブラック 0

sexualassault
1
あまり知られていませんが、日本の子どもは高い頻度で性虐待、性被害に遭っています。 大人が見て見ぬふりをして、被害経験に耳を傾けないため、子どもたちは被害届も出せず、親にも言えないまま成長し、死にたい気持ちを抱えていることが多いのです。 被害者の体験談を基にショートフィルムを制作したジャーナリストの植田恵子さんと、弁護士として性虐待被害者の話を数多く聞いてきた寺町東子さんに対談していただきました。驚くべき実態を伝えるとともに、被害者救済策を考えます。 ■  日本における、子どもの性被害の実態 ――植田さんは7月初旬、「届かぬ声 『性被害』 ほんとうのこと」という5本のショートフィルムをネット上に公開しました。 被害がごく幼いときに起きていて、学校の校長先生やそろばん塾の先生が加害者である例、親に援助交際を強要されている例にショックを受けました。 自分は大人なのに、何も知らなかったんだ、と思いました。植田:私自身、取材をするまで知らないことが多く、映像を見てくださる方と同じです。 性被害の取材をしたきっかけは、テレビ番組の制作でした。ショートフィルムにも登場するNPO BONDプロジェクト代表の橘ジュンさんの活動を撮影したのです。 BONDは、渋谷など繁華街にいる女の子たちに声をかけたり、「生きづらい」と感じる女の子の電話相談に乗ったりしているNPOです。 ジュンさんに取材をする中で「これから、こういう女の子に会いに行くんだけど、一緒に来る?」と声をかけていただくようになりました。 取材を続けるうちに、学校でのいじめや、親が厳しいことなどを「生きづらい」と表現していた子が、関係が深まるにつれ性虐待の過去を語り始めることがありました。 家や学校に居場所がなく、繁華街やインターネット上をさまよう子が被害に遭うなど、女の子たちにとって性被害が、とても身近で頻度の高い問題だと感じるようになりました。 日本初の大規模調査(日本性科学情報センター「『子どもと家族の心と健康』調査報告書」1999年)によると、18歳未満の女の子の39.4%、男の子の10%が性的被害を受けています。 13歳未満で見ても、女の子の15.6%、男の子の5.7%が被害に遭っています。 詳しくは『子どもと性被害』(吉田タカコ著、集英社新書)や『子どもへの性的虐待』(森田ゆり著、岩波新書)などに書かれています。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150909-00083031-toyo-soci 東洋経済オンライン 9月9日(水)10時0分配信
続き
――起きてはいけないことが、こんなに高い率で起きているのですね。 DV被害者支援に取り組むNPO法人シェルターネットの調査によれば、圧倒的多数の加害者が実の父親(「DV家庭における性暴力被害の実態/性暴力被害に遭った子どもたちのサポートマニュアル」特定非営利法人全国女性シェルターネット)ということで、これもショッキングな事実です。 ところで植田さんは、最初から「性犯罪被害者の取材をして短編映像を作ろう」と思って企画したわけではなかったのですね。 植田:そうです。最初はジュンさんの活動を追いかけていたので、期せずして女の子たちが抱えているもの、性被害の深刻さ、それが身体と心をどれほど傷つけているか、知ることになりました。 ■ 被害を隠し、追い詰められていく女の子たち 被害者の女の子たちの話を聞いて驚いたのは、家庭内で性的な被害を受けていても隠したり、学校では元気なフリをしていること。 そして私たちのインタビューに「平気」とか「慣れているから」と話すことです。 無理をしている反動で暴れて記憶を失くしたり、リストカットをして、腕を切り刻んだりしていました。 彼女たちの話を聞くうちに「自分が子どもの頃、クラスに被害を受けている子がいたかもしれない」と思いました。「私が気づいていなかっただけかも」と。 ――周囲の人が被害に気づくのは難しいですか。 植田:たとえば、いわゆる非行や、服を脱ぐことを極端に嫌がることもサインのひとつであると気づきました。自傷、自殺未遂、摂食障害や精神的な不調という形で現れることもあります。 ただ、被害に遭ったことを本人が言うのは、現状ではとても難しいですね……。 たとえばショートフィルムの中に、小学6年生のとき、そろばん塾の先生にレイプされた女の子が出てきます。 彼女は私が取材で撮影するときまで、本当のことが言えませんでした。 彼女の妹も同じ人から被害に遭っているのですが、レイプではなく、触られた。 それを親に言ったら「けがらわしい」と言われてしまった。 それを見て「自分はもっとけがらわしいことをされた」と思って、親に言えなくなったそうです。 彼女はその後、男性恐怖症になり、男性が近くに来るとパニックになって手首を切って病院に運ばれることもありました。 何も事情を知らない学校や周囲の人に、彼女は「大変な子」と映ったでしょう。 でもレイプされていたと知ったら、どうでしょう。レイプは本当に深刻なPTSDをもたらします。 法務省の性犯罪の罰則に関する検討会で資料として使われたアメリカの大規模調査(1995年刊行の論文“Posttraumatic Stress Disorder in the National Comorbidity Survey”に詳細あり。 15~54歳、5877人を対象に行われた調査)では 、戦争よりレイプのほうがPTSDの発症確率は高いことが実証されています 。
寺町:確かにレイプ被害者は「魂の殺人」という言葉をよく使います。私が代理人を務めた北海道釧路市の事件の被害者は3歳から8歳まで、叔父からレイプを含む性虐待を受けていました。彼女は「殺してくれればよかった。 殺してくれたら、警察も動いてくれたのに」と言っていました。 ■ 釧路市の事件の壮絶な実態 この事件は昨年秋、札幌高等裁判所で被害者の訴えの大半が認められ、約30年前の事件でしたが、被害認定されました。 その後、今年7月上旬に、最高裁判所で被害者の勝訴が確定しました 。 先ほど植田さんは「記憶をなくす」とおっしゃいましたが、性犯罪の被害者に多い症状です。 解離性障害とか解離性同一性障害とか言われますが、もうひとり自分がいて斜め上から見ている感覚があるという方や、多重人格になって「自分には十数人の人格がある」という方もおられます。 釧路の事件の被害者は、解離症状で出てきた「もうひとりの自分」と「本当の自分」と、どっちの自分が本当に生きているのかわからない感覚の中で時を過ごしてきました。 今、治療過程にあって、今まではつらさや痛みを引き受けてきてくれていた「もうひとりの自分」が統合されてきて、逆に「本来の自分」が全身に激しい痛みを感じるようになってつらいそうです 。 彼女の苦しみを目の当たりにし、人を殺したら罪になるのに、子どもを強姦して、その子が長い年月生きているか死んでいるかわからないような苦しみを背負っても黙っておけば何らペナルティを受けないという現状は、間違っていると思います。それは、その子の魂を殺すに等しい行為なのですから。 ――ひどい犯罪の被害者なのに、被害者が救われない現状は、社会も法制度も問題だらけですね。 植田:被害は認識できて初めて被害になると思います。 でも、子どもだと、何が起きているのかわからないことが多いのです。勇気を振り絞って親や友達に話しても、嘘だと思われ信じてもらえなかったり、「汚い」と言われたり 、ますます傷が深まって本当のことが言えなくなる。被害者は口をそろえて「普通の子でいたい」「重いからと引かれたくない」と言うのです。被害を受けた側が周囲に気を使っている。 幸運にも、話を聞いてくれる人を見つけたとしても、被害者本人と支援者の間には溝も大きいのです。 たとえば同居の親が加害者であれば、支援者は全力でその子を逃がそうとします。 でも、本人は逃げられない。逃げてはいけないと思っていたり、そんな親でも愛していたりする。 逃げたい気持ちとそれでも家族を愛する気持ちの間で迷っているときに「逃げろ」と言われると、逃げたい気持ちを引っ込めて親をかばってしまうことがあるのです。 本来、すぐにでも親から引き離すべき虐待なのですが、本人の気持ちが混乱している状況で「逃げろ、逃げろ」と言うことは、時に被害者をよくない方向に追い詰めることになります 。
いろいろなハードルを越えて、逃げたり訴えたりしようと考えても、びっくりするほど支援のリソースがない。 小さな子どもはすぐに保護されても、10代後半になると保護されにくくなります。 自分の意思で動けるようになると、本人の意思に反してさらうように保護するのは難しい。 仮に児童相談所に尋ねられても、本人が「何もされていない」とうそをついてしまったり、保護されても自分から親のところに戻ってしまったりすることもあります。 被害者が何に苦しんで何をひとりぼっちで抱え込んでいるか、現実を知りたくて撮影を続け、何が起きているのか、多くの人にわかってほしくて、このショートフィルムを作りました。 ■ 被害の傷跡は何年、何十年も消えない ――「犯罪白書」(平成24年版)では、強姦の加害者に占める親族の割合は4.6%、強制わいせつの場合、1.6%となっています。 これは検挙された事件に限った統計なので、植田さんが取材された女の子たちのように、実際は、何年も言えずにいる被害者が多いのでしょうね 。 寺町さんは弁護士として、子どもの頃、性虐待を受けた被害者に多く接しています。 被害者は何を求めていますか。 寺町:被害者が弁護士に相談しよう、と思えるようになるまで、何年も、いえ、何十年もかかることが多いです。 たとえば成人女性からは「子どものとき、叔父や兄から性被害を受けた。 今から訴えられないか」という相談を受けることがあります。 また、相続が発生したときに「過去に受けた性的虐待の事実は相続分を決める際、関係ないのか」とか、かつて自分に性虐待を行った加害者が困窮しているので扶養してほしい、という通知を自治体から受け取り「こんなひどいことをされたのに、自分に扶養義務があるのか」といった相談もあります。 民法の規定で、直系だと強い扶養義務(生活保持義務)がありますが、傍系だと弱い扶養義務(生活扶助義務)しかないので断れますよ、直系でも過去に受けた虐待の事実を説明すれば考慮されますよ、とアドバイスしますが……。 ほかには「加害者と縁を切りたい」とか「名前を変えたい」といった要望もあります。 日本には絶縁の制度はないので、加害親族が追いかけようと思うと、追いかけてこられることが問題です。
14
虐待された人は風俗嬢に多いね
21
BS-NHKで見た海外ドキュメンタリーでは、可愛い金髪の美少年ばかりレイプする男が出てきたね。 刑務所から出所したけど、少年を見るとムラムラして欲望を抑えられないと 犯人みずから心情をのべていて恐ろしかった。 日本では父親に小学生の頃からレイプされ、近親相姦でたくさん子供を生み、 強制堕胎させられ軟禁され続けた女性が30代になって耐え切れず父親を殺害した事件があった。 それまで日本では江戸時代から儒教の影響で、親殺しは他人を殺すより重罪だったけど その事件のおかげで、子供の人権も大切にされるようになり、法律を変えて 親殺しも普通の殺人と同じように裁かれるようになった。 少年少女のレイプ事件は父親とか身近な大人が多い。 アメリカでは中国人移民の少女が小学校で父親と一緒に風呂に入ってると授業で言ったら 学校から警察に通報され、少女を施設に隔離しに来た警察にナイフを持って抵抗した中国人の父親が 警官に射殺された。わが子と一緒に風呂に入るのはアメリカでは虐待にあたるそうだ。
22
口では子供たちの人権ガーと言うが 実際には全然子供たち守ってないよな せめて学校に防犯カメラつければ性的虐待やいじめなどのハラスメントが 激減するのに何故どこもつけないのか不思議で不思議で
24
性交渉や性嗜好への過度の穢れ意識が、被害者や家族の精神的圧迫や、周囲の人間の忌避意識を助長しているよな 名乗り出るのを躊躇う要因でもある フリーセックス推奨とは言わんが、もう少し性知識や性交渉全般に対する意識を緩和した方がいいと思うよ こんな言い方するとあれだが、性被害をあまりにも深刻に重々しく告発するのも、実はより一層被害を見えなくすることになりかねないんじゃないかと危惧している
26
レイプまで行かなくとも、親が見ていない隙に親戚の女児の身体をまさぐったり 自分の股間を触らせたりと言う悪戯は割とある 姉は5歳の時に当時20代だった叔父にやられた やった本人は子供だから分からない、大人になると忘れるだろうと思ってるんだよな 幼稚園児だって普段と違う異様な雰囲気は感じるんだよ
28
女子中学生を見ると自然に目で追ってしまう私でもこんなゲスいことは許せないと思う 何も知らない子供を傷つけてはいかんだろ
31
>あまり知られていませんが、日本の子どもは高い頻度で性虐待、性被害に遭っています。 こないだの秋葉のメイドは児童売春してるみたいに海外に向けて発信してる奴らのせいもあってか、こういう風にやけに日本を強調する人達ってどうも胡散臭く感じてしまうんだが これは明らかにどの国も関係なく世界中で起こってる問題だろ
50
日本が性被害が極端に多いならともかく韓国や欧米よりはマシだからな 日本は~と強調するのは何らかの利権につなげたいのかと勘繰ってしまう
78
>> 50 日本の法律ではペニスのヴァギナへの挿入が無ければレイプにはなり得ないが 欧米ではペッティング、痴漢や、同性同士の性的接触でもレイプになる この違いは大きい
51
日本でも海外でも、子供への性的虐待は家族間が一番多いだろ 日本製の児童ポルノがダークウェブ上に流れる事があるが あれはほぼ全て親族が撮影していると思って間違いない
54
他の人に知られると恥ずかしいと思う心理が働いてるんだよね 話す相手を間違えると更に被害が増えるんだよね
58
日本は大阪中1男女惨殺事件でもそうだったが 男の子でも性的虐待に遭うという事を認識していない大人が多い この時点で他国と比べて、意識が足りていない
67
父親と子供を一緒に風呂に入れてはいけない 日本もそろそろいい加減そんな雰囲気にならんと
75
両親が離婚するときに優先的に母親に親権を与えて その母親の再婚相手から虐待を受ける可能性を少しも考えない てのは何とかならんのか
81
子供の性的虐待って、親が子供に卑猥な事をするということなのか?
100
>> 81 ほとんどが加害者は親なんだよな
84
子ども心にアレッ?って思ったことなら何度かあったな。 友だちの家に遊びに行った時、そこのお父さんに肩車や高い高いしてもらった。 その時にやたら股間をナデナデされた。一瞬固まってしまったわ。 そのことは誰にも言えなかったよ。 あと友だちのお兄ちゃん。 中学生の時、テニスを教えてもらってたんだが、 後ろに立ってフォームを直してくれるんだけど、必ずお尻にカッチカチのチソコ押し付ける。 これは他の友だちが気づいて大騒ぎになった。
85
横浜線で通学してた高校時代、電車内で痴女にモミモミされたけど、 ちょっと可愛かったので不問にした。男なんてこんなもの。
93
あー、小5か小6のとき夜中に違和感感じて目を覚ましたら、父親がパジャマのズボン脱がそうとしてたわ。 もちろん大声で何すんだよ!と蹴り飛ばした。 普段から隙さえあればおっぱい触ろうとしてた。高校くらいまでされたかなーそのたびに罵声浴びせたけど、ほんと嫌いだった。 友達に、私がぜんぜん父親の話しをしないから母子家庭かと思ってたと言われたわ。 ちなみに父はお堅い公務員でした。 今でも苦手。
112
>> 93 キモすぎだね
107
娘に手を出す父親と兄妹姉弟の関係で 虐待をするのがよくわからんな どこでムラムラするんだ。
117
実父から数年間被害に合ってPTSDで生活保護受けてます。 被害もだけど、オープンにした時の周囲の冷酷さ、何故か私が責められたり、知らん顔してました告白ww この手の問題を熱く語る人って、対岸の火事の時だけと認識出来ました。 もう誰にも言わないし問題に取り組んでます!笑には関わらないのが自衛策と気付いたわ。
125
>> 117 周りの反応って、周りが親父の類友とか血縁とか同じ穴のムジナだったって事じゃないの 今は運悪く周りに恵まれてない部分もあると思う
133
>> 125だけど、実父が田舎名家出身でそれ以外の大人は正に同じ穴の狢でした。 凄く気持ちが楽になりました。保護抜け頑張ります。 ありがとう。
160
>> 133 自分の薄汚い欲望や体面のためなら立場の弱い人間はどう扱ってもいい って世界で生まれ育った、かわいそうな奴らなんだよ 間違ってるのはあいつらだ、という確信を持って生きてくれ
129
自分(女)は小学生の頃近所で知らない男に人の行方を尋ねられた 知らないと答えたがこっちでもっと話そうと車の物陰の方に連れ込まれそうになれ逃げた 逃げるときTシャツの肩口を想いきり掴まれたので破れはしなかったがシャツが伸び そのとき「あ、ヤバイ人だった!怖い!」と思ったのを覚えてる 中学の時は定期的に通ってた整体で整体師に執拗に触られた 股関節が悪くて通ってたから最初の頃は嫌でもそんなものかと我慢していたが 生理中でナプキンをしていたときにパンツギリギリINなところに手を伸ばし きっと血が付いているであろう指で、ギリギリのところをずっとグリグリされたので 「ああこれはもう性的行為だな」と思い通うのを止めた。 いつも母親が一緒についてきていてパーテーションを挟んだ向こうで待っていたのに よくまぁそんなこと出来たものだと思う。でも「もう行かない」としか言えなかった。 大人になって思うのは、なぜそのとき学校や警察に報告しなかったのかということ。 子供だから恥ずかしくて怖くてそんなこと誰にも話せない。 でも話さないことによって次に他の誰かが被害にあっているかも知れないし もっと酷い目にあっていてもおかしくないんだと思う。 話せる環境と報告を受けたら監視・勧告するなりして再発を抑止する機関が必要
130
父親に小6の時、「胸膨らんできたなあ!」と揉まれたことがある。すごく嫌だったし気持ち悪かった。これも性的虐待?
137
>> 130 該当です。 相手の意図でなくあなたがどう思ったからが基準です、と当事者からメッセージ。
147
>> 137 そっか。やっぱりそうだったんだ。ありがと。なんかスッキリした。
140
性犯罪者は治らない。 特に小児性愛者は何度罰せられても繰り返す。 昔住んでたマンションの管理人が小児性愛者で、 数人の子供の体を触ってた事が発覚して クビになったわ。 一見、愛想のいい爺さんで普通に見えたんだが。
177
>> 140 小児性愛者ってどうして出てくるんだろうね? こいつらには去勢しかないってのは昔からの持論だけど、出てくるもとを絶たなければまた出てきてしまう ちょっと前のスレで本物のショタコンが書き込んでたんだけど、他人への共感が著しく低い気がした そもそもこういうのを生み出す親が毒親ってことなのかな
155
別に肉体的接触があったわけじゃないけど 高校入った頃から顔会わせると「お前まだ処女か?」と聞いてくる父のせいで 鬱になったことがある 実際に性的虐待された人のトラウマとか考えるだけで痛い
187
小6にもなると40人学級なら男子1人は居るのか。 18歳以下の総数がどんぶりで1200万人いるとすると、、、 女子236万人、男子60万人が性犯罪の被害にあっていることになる。 ところが強姦の認知件数は18年間累計でも5万件に届かない。 警察何やってんだw もうこういうボヤっとした数字の印象だけを頼りにもっともらしく語るのやめろよなぁ。
189
>> 187 性虐待はレイプだけじゃない そんな風に考える人がいるから話せなくなるんだよ 不必要に性器に触れる ポルノを見せる 性行為を隠さない 全て性虐待
194
>> 189 女装をさせるとかもな ヘンリーリールーカスとか児童虐待の教科書みたいな人生だ
191
197
とりあえず何が性虐待なのかを周知させる必要があるな 知らずにやってるアホ親もいるだろうし acがcmで流せ 人の尊厳を踏みにじる行為だと知らしめろ
206
乳がでかいというようなことをよく父に言われた 知らないオッサンからも言われまくったけど実の親から言われるのはものすごく嫌な気持ちだったわ。 口に出して言わないのはまだ羞恥心がある若い男だけだったな。
214
兄弟の場合もあるよ 私は、次兄に中学入る前まで身体触られてたよ 母親に訴えても、本気にしてもらえなかった
212
結局、性的虐待をする奴がいたとしても、 それを処分するとかえって周囲の人間に負担が増えるから 見て見ぬ振りをする方が楽なんだけどね。 親を処分したとして、残った子供を誰が同面倒を見るのか。 先生を処分したとして、抜けた先生の穴をどう埋めるのか。 上司を処分したとして、残った仕事を誰が片付けるのか。 性的虐待を発見するであろう近しい第三者にとってみれば、 それを告発することで自分らに厄介事が降りかかるのと 知らないフリをして子供にだけ地獄を押しつけるのと 一体どちらが楽なのか。 綺麗事を実行できるのは、 その厄介事を引き受けられる余裕のある人か 厄介事に巻き込まれないで済む本当の赤の他人だけ。

引用元: ・【社会】誰も語らない、子どもの「性的虐待」の現実