【神戸連続児童殺傷事件】佐川一政氏 「少年Aが苦しんでるなら一度会って話したい」

犯罪その後 0

maxresdefault(2)
1
佐川一政氏 「少年Aが苦しんでるなら一度会って話したい」 1997年の神戸連続児童殺傷事件の犯人・酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aが、マスコミ各社に文書を送り、自らの世界観を誇示する「公式ホームページ(表題は『存在の耐えられない透明さ』)」の存在を明らかにした。 自作の作品を掲載した「ギャラリー」には、イラストや写真が全87点アップされ、その中には太陽と月の間に半裸のAが仁王立ちしている写真もある。 これはAが犯行時に綴ったメモに描かれていた「バモイドオキ神」のイラストに酷似しており、「“自分は神になった”とのメッセージなのかもしれない」(犯罪心理学者・矢幡洋氏)との分析も出た。 また、イラストにもAの「危険な思考」が見てとれるとの指摘もある。犯罪学者の藤本哲也・中央大学名誉教授は、Aが「胎内回帰願望」を描いたとする作品に注目した。 「彼は犯行当時にも“動機”として胎内回帰願望が指摘されました。殺人の動機となった胎内回帰願望の作品を今も制作しているということは、殺人への衝動がいつ蘇っても不思議ではないと分析できる」 これらの写真やイラスト以外にも、現在のAの精神構造を読み取れる箇所はある。 「レビュー」と題したページではAが好きな映画や本についての解説が掲載されているのだが、そこで『絶歌』(今年6月に出版した手記)を執筆するにあたり、強く意識した人物を紹介している。 それは1980年代初頭にAと同じように世を震撼させた「パリ人肉食殺人事件」の犯人・佐川一政氏だ。Aと同じ神戸の出身で、社会復帰した後に複数の著書を出版した。 〈『佐川一政』という稀代の殺人作家の存在は、いつも僕の心の片隅にあった。正直に言えば、彼に“嫉妬”や“羨望”を抱いていた時期もあった〉 佐川氏は、AのHPをどう見たのか。 「AがHPを始めたのは他者とのコミュニケーション願望でしょう。孤独に対して不安を感じていて、世界とコンタクトを取りたくなったのではないか。メールアドレスまで載せているのは、その証拠だと思う」(佐川氏) しかし、Aと佐川氏には決定的な違いがある。佐川氏は実名と素顔を公表しての活動だったが、Aは匿名を守ったままだ。 「『佐川一政』という名前と切り離して、純粋に新人作家として作品を発表して、それで評価してほしいと思っていた。だが、それは受け入れられないことだった。 きっと彼も何を書こうが『少年A』という名前に縛られ続けるだろう。もしそのことに苦しんでいるならば、一度、彼に会って話をしてみたい」(同前) ※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号佐川一政氏 「少年Aが苦しんでるなら一度会って話したい」 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース - http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150917-00000002-pseven-soci&pos=1
佐川 一政(さがわ いっせい、1949年4月26日 - )は、日本の殺人犯、エッセイスト、小説家、翻訳家。パリ人肉事件の犯人として知られる。

引用先:佐川一政 - Wikipedia

パリ人肉事件 パリ人肉事件(パリじんにくじけん)は、1981年(昭和56年)、フランスで起こった猟奇殺人事件である。犯人である日本人留学生、佐川一政が知人女性を射殺し、死姦後にその肉を食べたというもの。 経緯 1981年6月11日、フランスの首都、パリに留学していた日本人留学生佐川一政(当時32歳)が友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺した。佐川は衣服を脱がせ屍姦したあと遺体の一部を生のまま食べ、また遺体を解体し写真を撮影して遺体の一部をフライパンなどで調理して食べた。 6月13日、残った遺体をスーツケースに収め、ブローニュの森の池に捨てようとしたところを目撃され逃亡。目撃者が遺体を発見し警察に通報し、2日後に逮捕された。 なお、この事件以前に、佐川は日本でも近隣に住むドイツ人女性を食肉目的で襲い逮捕されている。事件は父親の提示した示談金で告訴は取り下げられている。また、佐川は幼少の頃から人肉食の欲求が芽生えたと語っている。 佐川は犯行を認め裁判では心身喪失であったとして不起訴処分で無罪となり、フランス国内の精神病院に入院する。翌年、帰国し東京都立松沢病院に1年間入院した。病院側の診断結果は、佐川は人肉食の性癖など一切なく、フランス警察に対する欺瞞であるというものであった。同院副院長(当時)の金子医師は、佐川は精神病ではなく人格障害であり、刑事責任を問われるべきであり、フランスの病院は佐川が1歳の時に患った腸炎を脳炎と取り違えて、それで誤った判断を下したのではないかとしている。日本警察も全く同様の考えであり、佐川を逮捕して再び裁判にかける方針(『週刊マーダーケースブック』2号、デアゴスティーニ、1995年)であったが、フランス警察が不起訴処分になった者の捜査資料を引き渡す事はできないとして拒否した。 退院後、出版した書籍が大ヒットする。現在では作家やコメンテーターとして時々公に姿を見せ、また人肉を食したいとの発言もしている(2010年1月29日新宿)。

引用先:パリ人肉事件 - Wikipedia

5
まじで新しい法律が必要 殺人体験で金儲けしてるこいつらを放置してはならない
6
苦しんでるのは被害者遺族です 中年Aは注目されたいだけ
68
>> 6 ほんこれよ
11
佐川さんとは全く違う性質だから共感できないと思う
14
少年法改正しろ こりゃ更生してねーぞ
15
20年くらい前、佐川の過去を知らない女子高生とメル友になったと喜んでたら その子のご両親から連絡が来て、二度と接触するなと罵倒されたとかで その親御さんの無理解を嘆いてたけど、そりゃ仕方ないだろと思った
54
>> 15 理解しろというのが無理だな。 佐川がその両親の気持ちに無理解すぎる。
21
>> 1 佐川とサカキバラが決定的に違うのは 佐川は犯行時 心身喪失だった。正気じゃなかったから、法律上、不起訴になった。 サカキバラは犯行時に精神的異常はなく、正気だった。サカキバラは少年法で助かった。
66
>> 21 あれは通訳が間違っていたと聞いたが 取り調べの時に持病を聞かれ 佐川は胃腸に疾患があると答えたのを精神病で通院しているかのように誤訳され心神喪失と判断されて無罪になったとか
77
>> 66 佐川は心神喪失だよ フランスでも日本でも精神病院に入院してる。 実家からは縁を切られたし就職も出来ないため 文筆業しかなかった。
89
>> 77 本も大して売れず食うや食わずの状態がずっと続いているらしい
105
>> 77 入院したのは不起訴が決まってからだ 腸炎を通訳が脳炎と誤訳したのが始まり その後フランスで入院して日本に帰国後も入院したが 医者は心神喪失でなく人格障害で事件当時も責任能力ありと診断している フランスの警察が無能だっただけ あと会社社長の父親が慰謝料で遺族を黙らせたのが大きい だけど父親は責任感から退職して母親のほうは精神を病んだ 近年になって父親が病死したが翌日に母親も後追い自殺している
107
>> 105 やはり多額の慰謝料払われてたのか おかしいと思った 猟奇犯罪を犯した一家はみんな最後は不幸になるな こいつの母親は相当強烈らしいからどうなることやら
31
佐川君の身長が145cmで米良美一と同じなのは あまり知られていない
39
殺人をした者に哲学や人生論なんぞないだろ
48
佐川は事件の漫画も発表してたな 絵柄は稚拙だけど本人だけあって胃の中の物がこみ上がってきそうな内容だったw
52
世界とコンタクトとりたいなら名前隠すなや
53
苦しんでる人間は本を書いたりしないでしょ
69
対談本出るのか
72
こいつのHP初めて見たが、すげー体鍛えてるな 絵も上手い でも、ひたすらナルシスティックだな 異常人格って治らないんだなあ
80
少年Aは猟奇的な部分が強烈すぎるから忘れられているけど性犯罪者でもあるよね 性犯罪者の再犯率の高さとコイツの気ちがいさ加減を見るに絶対にまたやるよ 名前を知ることは一般市民にとって利益
97
人殺しにたいして本当に変な表現になるが、佐川ってのは人間が出来てるんだよね。事件後の行動や発言を見ると。 それに比べたらAは甘いんだよ いずれ確実にユーチューバーになり、内容のない動画を垂れ流すと思う。 佐川はそういうことはしない。論説としての動画なら出るだろうが
113
毒をもって毒を制す。
124
細川護熙が鳩山由紀夫に、あなたも陶芸などの芸術に打ち込みなさい、 って言うのと同じですかね?
131
ルネは佐川に好意をいだいていたのにバカなやつだな、奇形のカス
140
>> 131 佐川は罪に気づいて一生涯を罰に費やす覚悟ができたるようだが、 中年Aは「罰を受けることになった可哀相な自分」のまま何ぁーんも変わっていない
136
犯罪をネタに金を稼ぐことを禁止しろ
143
佐川も加藤も宮崎も手記書いてるけど実名だからな・・・
161
悪夢のようなコラボだなおい

引用元: ・【神戸連続児童殺傷事件】佐川一政氏 「少年Aが苦しんでるなら一度会って話したい」